Contact us now
+1-888-846-1732

アパート経営の損得を説明します

これまでアパートの経営は購入金額が高く、ハードルが高い投資とされてきましたが、最近では金融緩和によって一般的なサラリーマンでも融資を受けてアパート経営ができるようになったことからアパート経営に関して注目を集めています。アパート経営は実物資産として残すことができます。たとえアパート自体が老朽化したとしても土地は残り価値は下がらないことが多いので。安全に投資が可能です。また相続をする際に現金に比べ不動産は3分の1の評価となるため税金対策にもなります。またアパートは建築コストが低いうえに複数の部屋があるため収益がまったくないということはまずないでしょう。しかし家賃の滞納や金利が上昇した際ローンの返済が高くなってしまう場合のリスクもあるため充分にシミュレーションを行い投資を行うことが大切です。

アパート経営をはじめるタイミングとは

なにを行うにしてもその行うタイミングは非常に重要です。アパート経営においてもいつ始めるべきか最良のタイミングを見つけてはじめることが大切です。よく退職金を元手にアパート経営を始めるという人もいますが、退職金でまかなえなかった金額はローンを組むことになり、退職後の不安定な生活でさらにローンを組むのは非常に危険であるため充分に働き収益を得られる年代からアパート経営を始めるとよいです。そうすることで老後も家賃で安定的に収入を得ることができ、老後を安心して過ごせます。また土地や物件の価値が将来的に上昇する場所や時期をしっかりと見極めることも大切です。現在は数年前に比べローンの金利が低くなっているため返済の金額が落ち着いていることから限りなく金利の低い現在はアパート経営を始める最良の時期といっても過言ではありません。

アパート経営は長い目をみて収益を得ましょう

アパート経営をはじめようと思った際にやはり初期投資が必要になります。もともと持っていた土地にアパートを建てる際は土地代を用意する必要ありませんが、土地から購入するとなると土地代に加え建設費用など相当大きな金額となります。アパート経営を始める際はこうした初期費用でローンを組んだり、資金提供を受けたりすることが多くマイナスからのスタートとなります。多くの人がこのかかった初期費用を早く回収しようと考えますが、早く回収しようとすることで家賃の高いアパートになってしまうと空室がうまれてしまいます。アパート経営においてもっとも大切なのは空室をへらし安定的に収入を得ることです。そのため初期費用に関して焦って回収しようとせずに長いスパンを考え、長く居住してもらえるように努力することが大切です。

「レオパレス21」は土地力・賃貸力・管理力の三つの柱でオーナー様を万全にサポート致します。 他社との違いは土地環境調査力であり、様々な情報をあらゆる角度から分析することで、土地の魅力を引き出します。 管理は全て弊社の管理センターがおこなうので煩わしいアパート管理業務をする必要がございません。 安心・安定のアパート経営をお考えの方はこちら